エチケット・マナーについて

ご来場の皆様へ

ゴルフ規則の第1章では「エチケット・マナー」についてのガイドラインを規定しています。 ゴルフは通常レフェリーのいないゲームであり、 一人一人のプレーヤーが常に他のプレーヤーに心くばりをし、 ゴルフ規則をまもってプレーするというその誠実さに頼っているとあります。 また、礼儀とスポーツマンシップを示しながら洗練されたマナーで立ちふるまうべきであるとし、 これこそが正に、ゴルフの精神であると言っています。
エチケット・マナーを守り全てのプレーヤーが楽しくプレーできるよう、 皆様のご協力とご理解をお願い申し上げます。

ご来場・クラブハウスでは

・ご来場の際は上着(ブレザー等)の着用をお願いします。(7月~9月の間は不要)
・ジーンズ・ジャンパー・スニーカー・サンダル等でのご来場はご遠慮ください。
・クラブハウス内で声高に話したり、携帯電話の使用など周囲に不快感を与える行為は慎んでください。
・レストラン以外での飲食等はご遠慮ください。
・館内禁煙にご協力ください。(定められた喫煙場所をご利用下さい。)

ゴルフプレーでは

・プレーには襟付きのシャツを着用してください。
・襟のないTシャツやジーパン類はご遠慮ください。
・シャツの裾はズボンの中に入れてください。
・ホットパンツや胸の開いたシャツなど極端に肌を露出するような服装は謹んでください。
・プレー中は安全のために必ず帽子を着用してください。
・グリーン上のピッチマークやバンカー内の足跡、打球跡は自身で直してください。
・プレーヤーがアドレスしたり、ストロークに入ったら動いたり声をだしたりしないでください。
・ラウンド時間の短縮(プレイファースト)にご協力ください。